読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ATATA全曲レビュー】LAST DAY / STERUSS x ATATA 【13】

そして13曲目、これが最後のレビューになります。

もしかすると、この曲のレビューを書くために全曲レビューなるものをやってきたのかもしれないと思います。最後の1曲はSTERUSS x ATATAで"LAST DAY"です。

 

2013年、ルーキーステージからメインステージへの出場を目指すSTERUSSTwitterで投票を呼びかけているのを、心底かっこ悪いと思って見ていたんだ。ZZ PRODUCTION の STERUSS がなにダセぇことやってんだって。そうやって見知らぬ誰かにクリックしてもらって、それでステージに上がることの何がカッコいいんだって。

でも、STERUSSフジロックのステージに立った。ATATAもそのステージに立った。僕は最前列でただ泣いてた。これはSTERUSSが掴みとったステージなんだって、やっと分かった。格好つけてた俺の方が、やっぱり格好悪かった。 

ああやってTwitterで投票を呼びかけることは、きっと恥ずかしかったと思う。でもよく考えてみたら、普段の生活でも恥をかくことばっかりだったな。それに比べればなんてことなかったんだなって、今になって分かる。 

このコンテストで1位になって何になるんだって思うのは自然だと思う。僕はもう10代のキッズじゃないし、ATATAだって20代の血気盛んなバンドマンじゃない。お腹だって出てきたし、色んな荷物だって抱えてる。

だからこそ、きっちり楽しむところは楽しませてもらうし、楽しくするための努力だけはきっちりやる。まさにそれ。今がその時。

 

LAST DAY / STERUSS x ATATA

f:id:deathtofalse:20150323215540j:plain

ATATAとSTERUSSの物語について、僕が語るべきことはない。ただ、彼らから学んだことは「スカすな」「照れるな」そして「諦めるな」。そして、平日はお互いに自分の食い扶持稼いで生きて、それで週末にライヴハウスやクラブで会おうってこと。

夢とか希望とか、そんな高価なものは無くても良くて、お互いの無事を称えながら、そこに音楽とお酒があればいいと思う。

諦めるなよ 最後まで 諦めたとこで最後が来るぜ

赤ら顔のままで君とone loveを聴いてた
赤ら顔のままで君とone loveと叫んだ

 


LAST DAY / STERUSS x ATATA - YouTube

 

 楽しいお祭りも残り30分。もし、まだ投票してないよーという方がいらっしゃれば、下記のリンクより投票ください!TwitterFacebookのアカウントで投票できます!


ONE OK ROCK plus Support Act "35xxxv" JAPAN TOUR「ATATA」