読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Most Impressed Discs of 2016

Best of 2016 Disc Review

例のごとく年の瀬の大仕事と化している今年のベストディスクですが、ここでまとめて発表します。今年は狂ったように新譜を聴き込んでいたせいもあって、50枚リストアップしました。どう考えても頭がおかしいです。

昨年は5枚ずつの発表でしたが、もはやまどろっこしさしかないので、50枚一気にいきます。各作品のコメントは随時ランダムに書いていきます。(いわゆる"The Sign Magazineシステム"です)

ちょっと長くなりますが、どうぞ。

 

50位:World’s End Girlfriend『LAST WALTZ』

f:id:deathtofalse:20161225133845j:plain

 

49位:Serpentine Dominion『Serpentine Dominion』

f:id:deathtofalse:20161225133916j:plain

USメタルシーンにおける、いわゆるオールスター的プロジェクトの1stアルバム。Adam Dutkiewicz(Killswitch Engage)、George "Corpsegrinder" Fisher(Cannibal Corpse)、Shannon Lucas(ex-The Black Dahlia Murder)というそれぞれ得意分野の違うバンドのメンバーが集まったことがそのまま音に反映されている印象で、ブラストビートからブレイクダウンまで、グロウルからクリーンヴォーカルまでと大胆な振り幅を提供するまさに全部乗せな1枚。オープニング曲「The Vengeance in Me」とエンディング曲「This Endless War」それぞれの前にアコースティックギターをフィーチャーしたインスト曲を配する構成のメタル・マナー的なフリの丁寧さには思わずニヤリ。特に、Adamの底なしの才能をしっかり堪能できる作品なのではないかと思います。

 

48位:Dillinger Escape Plan『Dissociation』

f:id:deathtofalse:20161225134201j:plain

 

47位:Rival SonsHollow Bones

f:id:deathtofalse:20160622155046j:plain

 

46位:Borknagar『Winter Thrice

f:id:deathtofalse:20161225134704j:plain

 

45位:Helmet『Dead to the World』

f:id:deathtofalse:20161225134727j:plain

 

44位:Soviet Soviet『Endless』

f:id:deathtofalse:20161225135124j:plain

 

43位:Meshuggah『Violent Sleep of Reason』

f:id:deathtofalse:20161225135225j:plain

 

42位:Dark Tranquillity『Atoma』

f:id:deathtofalse:20161225135256j:plain

 

41位:Touché Amoré『Stage Four』

f:id:deathtofalse:20161225140034j:plain

 

40位:Testament『Brotherhood of the Snake』

f:id:deathtofalse:20161225140720j:plain

 

39位:Dance Gavin Dance『Mothership』

f:id:deathtofalse:20161225140636j:plain

 

38位:Planes Mistaken For Stars『Prey』

f:id:deathtofalse:20161225165856j:plain

 

37位:DYGL『Don't Know Where It Is』

f:id:deathtofalse:20160622155021j:plain

 

36位:Heaven Shall Burn『Wanderer』

f:id:deathtofalse:20161225165928j:plain

 

35位:White Lung『Paradise』

f:id:deathtofalse:20161225165947j:plain

 

34位:Christopher Allan Diadora『Midnight Swim』

f:id:deathtofalse:20160910051751p:plain

 

33位:Swans『The Glowing Man』

f:id:deathtofalse:20161225170037j:plain

 

32位:Admiral Sir Cloudesley Shovell『Keep It Greasy!』

f:id:deathtofalse:20161225140058j:plain

 

31位:明日の叙景『過誤の鳥』

f:id:deathtofalse:20160815140513j:plain

2014年結成の東京産ポストハードコアバンド、明日の叙景の1st EP。表面的にはDeafheavenを想起させるようなブラッケンドでありながら、苛烈さよりも叙情性、特に和を感じるドラマ性を散りばめた楽曲の懐の広さは秀逸。国内でこの手の音楽をやってるバンドが少ない(と感じる)中で、この作品がドロップされたことは希望だし、今後への可能性を確実に感じさせる1枚。引き続き超期待してます。

 

30位:Julien Baker『Sprained Ankle』

f:id:deathtofalse:20161225171246j:plain

 

29位:Volbeat『Seal the Deal & Let's Boogie』

f:id:deathtofalse:20161225171307j:plain

 

28位:Nothing『Tired of Tomorrow』

f:id:deathtofalse:20160622154106j:plain

 

27位:Alcest『Kodama』

f:id:deathtofalse:20161225171333j:plain

 

26位:The Florist『Blood Music』

f:id:deathtofalse:20160622152334j:plain

 

25位:Kishi Bashi『Sonderlust』

f:id:deathtofalse:20161225171412j:plain

 

24位:ATATA『Joy』

f:id:deathtofalse:20161225171207j:plain

この『Joy』というミニアルバム、先行発売された会場限定盤のリリースとともに入場無料の全国ツアーを行い、いかにも話題先行のイメージが付きまとう作品であるものの、その実2010年の結成以来着実にバンドとしての歩みを進めてきたATATAというバンドが、虚勢を張るでもなく、勢いだけに任せるでもなく、日常と一体となったバンドの在り方をピッタリのサイズ感で収めた作品、と評するのが正しい1枚なのではないかと思う。そういった在り方をテーマにした「Clark Kent」や新たなる賛歌「Song Of Joy」は、そのままちゃんと聴き手の生活のサウンドトラックになり得る。バンド受難の時代だとしても、バンドが鳴らす理想の音がちゃんと鳴っている。

 

23位:Paloalto『Victories』

f:id:deathtofalse:20161225171659j:plain

 

22位:Kikagaku Moyo『House in the Tall Grass』

f:id:deathtofalse:20161225171635j:plain

 

21位:Dizzy Mizz Lizzy『Forward in Reverse』

f:id:deathtofalse:20160622153841j:plain

 

20位:HeatMiser『At Dawn』

f:id:deathtofalse:20160619034052j:plain

 

19位:Daughter『Not to Disappear』

f:id:deathtofalse:20161225172943j:plain

 

18位:The Lemon Twigs『Do Hollywood』

f:id:deathtofalse:20161225172917j:plain

 

17位:Klan Aileen『Klan Aileen』

f:id:deathtofalse:20161225172556j:plain

 

16位:大森靖子『TOKYO BLACK HOLE』

f:id:deathtofalse:20161225172646j:plain

 

15位:Metallica『Hardwired... to Self-Destruct』

f:id:deathtofalse:20161225172730j:plain

 

14位:Kvelertak『Nattesferd』

f:id:deathtofalse:20160619032913j:plain

 

13位:ヤなことそっとミュート『Sealing EP』

f:id:deathtofalse:20161225172126j:plain

 

12位:Oathbreaker『Rheia』

f:id:deathtofalse:20161225172844j:plain

 

11位:Whitney『Light Upon the Lake』

f:id:deathtofalse:20160627063957j:plain

 

10位:ラブリーサマーちゃん『LSC』

f:id:deathtofalse:20161225173834j:plain

 

09位:Manic Sheep『Brooklyn』

f:id:deathtofalse:20161225173858j:plain

 

08位:Modern Baseball『Holy Ghost』

f:id:deathtofalse:20161225173914j:plain

 

07位:Anaal Nathrakh『The Whole of the Law』

f:id:deathtofalse:20161225173934j:plain

 

06位:GEZAN『NEVER END ROLL』

f:id:deathtofalse:20161225173952j:plain

 

05位:Martha『Blisters in the Pit of My Heart』

f:id:deathtofalse:20161225174010j:plain

2016年の最強泣きエモ決定盤。UKの4ピースパンクバンドMarthaの2ndアルバムは、男女ツインボーカルとてろてろしたギターサウンドを疾走感のあるビートでまとめたキャッチーな楽曲をずらっと並べたエバーグリーンな傑作。YouTubeでMVが公開されている「Goldman’s Detective Agency」や「Ice Cream and Sunscreen」のみならず、次から次へとシンプルなグッドメロディーを繰り出すさまは見事と言うほかない。このサウンドスタイルながら、ストレート・エッジアナーキズムを標榜するギャップも大いなる魅力。国内のNot WonkやHomecomingsとも呼応するバンドかと。

 

04位:Crypt City『Chant』

f:id:deathtofalse:20161225174028j:plain

 

03位:Khemmis『Hunted』

f:id:deathtofalse:20161225174046j:plain

 

02位:Look Mexico『Uniola』

f:id:deathtofalse:20161225174103j:plain

 

01位:Car Seat Headrest『Teens of Denial』

f:id:deathtofalse:20161225174121j:plain

 

総括

そのうち書きます。すみません。 

 


【Most Impressed Discs of 2016 リスト】
01位:Car Seat Headrest『Teens of Denial』
02位:Look Mexico『Uniola』
03位:Khemmis『Hunted』
04位:Crypt City『Chant』
05位:Martha『Blisters in the Pit of My Heart』
06位:GEZAN『NEVER END ROLL』
07位:Anaal Nathrakh『The Whole of the Law』
08位:Modern Baseball『Holy Ghost』
09位:Manic Sheep『Brooklyn』
10位:ラブリーサマーちゃん『LSC』
11位:Whitney『Light Upon the Lake』
12位:Oathbreaker『Rheia』
13位:ヤなことそっとミュート『Sealing EP』
14位:Kvelertak『Nattesferd』
15位:Metallica『Hardwired... to Self-Destruct』
16位:大森靖子『TOKYO BLACK HOLE』
17位:Klan Aileen『Klan Aileen』
18位:The Lemon Twigs『Do Hollywood』
19位:Daughter『Not to Disappear』
20位:HeatMiser『At Dawn』
21位:Dizzy Mizz Lizzy『Forward in Reverse』
22位:Kikagaku Moyo『House in the Tall Grass』
23位:Paloalto『Victories』
24位:ATATA『Joy』
25位:Kishi Bashi『Sonderlust』
26位:The Florist『Blood Music』
27位:Alcest『Kodama』
28位:Nothing『Tired of Tomorrow』
29位:Volbeat『Seal the Deal & Let's Boogie』
30位:Julien Baker『Sprained Ankle』
31位:明日の叙景『過誤の鳥』
32位:Admiral Sir Cloudesley Shovell『Keep It Greasy!』
33位:Swans『The Glowing Man』
34位:Christopher Allan Diadora『Midnight Swim』
35位:White Lung『Paradise』
36位:Heaven Shall Burn『Wanderer』
37位:DYGL『Don't Know Where It Is』
38位:Planes Mistaken For Stars『Prey』
39位:Dance Gavin Dance『Mothership』
40位:Testament『Brotherhood of the Snake』
41位:Touché Amoré『Stage Four』
42位:Dark Tranquillity『Atoma』
43位:Meshuggah『Violent Sleep of Reason』
44位:Soviet Soviet『Endless』
45位:Helmet『Dead to the World』
46位:Borknagar『Winter Thrice
47位:Rival SonsHollow Bones
48位:Dillinger Escape Plan『Dissociation』
49位:Serpentine Dominion『Serpentine Dominion』
50位:World’s End Girlfriend『LAST WALTZ』