読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BiS最後のニコ生 書き起こし(テンテンコ編)

# これは、2014/7/5に放送されたニコニコ生放送の番組「BiS最後の生出演!! ひとりぼっちの生放送」内で読まれた手紙部分の書き起こしです。


プレミアム放送まで残ってくれた皆さん、研究員のみんなへ

BiSのテンテンコです。

私は2013年の5月からBiSとして、1年とほんのちょっと活動してきました。

思い返すと、加入早々のミュージックビデオの撮影では丹羽さんに泣かされて、BiS48では研究員の熱意に初めて触れて驚いて泣き、ダンスが覚えられず泣き、車中泊ツアーの撮影で丹羽さんのインタビューにストレスがたまりすぎて泣き、代々木公園での野外極寒ライブでは大人の事情に泣き、車中泊ツアー最終日仙台公演の早朝、インフルエンザに罹って高熱で倒れライブに出られずに泣き、まぁとにかくあらゆる場面で、いつも私は泣いていた気がします。

変わらず今も泣き虫ですが、ここ最近は泣いていても、今までとは違った涙になっていると思います。どう表現したらいいかわからないけれども、強い涙になった気がします。もう弱気になって泣いたりはしません!

なんてグループに入ってしまったんだ、腹立つ!死ね!って思ったこともあったけれど、でも今全く後悔はしていません。

私は自分に自信がなかなか持てなくて、でもやりたいことがたくさんあって、BiSになってからこんなにもたくさんの人に面白いと言ってもらえて、少しだけ勇気が持てるようになりました。

BiSでなくなってしまうのは、やっぱり不安の方が大きいけれども、BiSのメンバーそれぞれの活動が始まったり、研究員さん達や何となくBiSを知っている人たちが、BiSヤバかったよねという話をしてくれたたらBiSは続いていくと思うし、そっちも楽しみだったりします。

今まで色んなものを断ち切って私は生きてきたけれども、最近全部が繋がっているということに気がつきました。森羅万象、諸行無常、色即是空でした。だから、BiSもきっといつか世界が変わる一つの要因になると思っています。

私は自分でオーディションを受けてBiSに入ったけれども、私がBiSになったのではなくて、BiSに受け入れられてBiSになっていったんだなぁと感じています。こんな私を受け入れてくれて、BiSにしてくれて、本当に本当にありがとうございました。

いっぱい体調を崩してうまくいかなくて、心配かけてごめんね。もう心配しなくて大丈夫です。強くなります。

私は昔からいつも居場所を探していて、ようやく居場所を見つけたような気がしていたけれども、もう後3日でそれもなくなってしまいます。

一体何が残された時間でできるのかわからないけれども、7月8日はみんなで精一杯、真面目に馬鹿なことをしたいと思っています。馬鹿で不器用で救われなくっても、みんな尊くて熱くて愛おしくて最高です。大好きです。

以上、BiSのテンテンコでした。


テンテンコ様

テンちゃん、こんばんは。KMミュージックの高橋です。

いま、羽田スタジオで場当たりをしているBiSを鏡越しに見ながらこの手紙を書いています。ここのスタジオは、ツアーでやってきた小さなライブハウスが3カ所入りそうなくらいとにかく大きく、スタジオが大きいからなのか、テンちゃんがいつもより余計に小さく見えています 笑。

初めてテンちゃんに会ったのは、去年10月に入った頃でしょうか。エイベックスさんでの打ち合わせの後だったかな。挨拶させてもらった時に、最初にパッと目に飛び込んできたのがテンちゃんでした。第一印象は「ちっちゃくてかわいい」でした。ちなみに今でも変わっていません。

BiSに出会ってまだ1年も経っていないのですが、BiSとの思い出で一生心に残るであろう出来事がありました。例の車中泊ツアーです。

西日本に行った12月は、最初の方だったからかみんな楽しそうに過ごしていたけれど、テンちゃんは最初からすごく嫌だったんだろうなと感じていて、実際どうだったんでしょうか?

年が明けて、2月の車中泊は本当に過酷で辛いツアーだったね。とにかく寒いし雪もすごかったし、みんなの体調も日に日に悪くなっていくし、そして盛岡であんなことがあり、迎えた仙台。

前の日から体調不良を訴えていたテンちゃんが、朝病院に行って出された診断結果がインフルエンザ。自分たちだけでライブをやろうと決意したライブだったのに、ライブハウスの前で東京帰りを言い渡された時の、がっかりし、そして悔しさと悲しさの入り交じったテンちゃんの複雑な表情は、今でも忘れられません。あの時は僕も悔しかったし、とても悲しい気持ちになりました。

でも、あの時の一連の出来事があってそれを乗り越えたからこそ、いまのBiSがあるんだと思っています。いまのBiSのライブは車中泊ツアーの時よりも、何百倍も素敵だしカッコいいです。

ライブ中のテンちゃんは、どんなにきつくて苦しい状況でも、始終笑顔でそれがとってもかわいいし、曲によってクールな表情を見せてくれるとこなんかはゾクゾクするし、その反面変なこともやるし、オランウータンとサキちゃんの物真似なんかは秀逸です。できれば今やってほしいです。見てますので、ダメでしょうか?

(テンコ、物真似を披露する)

テンちゃんは体が小さい。何度も何度も言ってごめんね。でもね、その小ささを全く感じさせないくらい、テンちゃんのパフォーマンスは迫力があります。歌声はとってもキュートだけど、ステージ上のテンちゃんは、存在感抜群でかっこいいです。KM高橋はそんなテンテンコが大好きです、とっても。(密かに推してますし)

昔から感情をあまり表に出すタイプではなくて、テンちゃんやみんなに伝えられていないことがいっぱいいっぱいあります。でも、せっかくこういう機会をいただいたので、一つだけ言います。

BiSが本当に大好きです。楽曲もライブパフォーマンスも、そして何よりメンバーみんなのこと。BiSに出会えて本当に幸せだったし、色々ご一緒したこの8ヶ月間は、僕の一生の宝物です。

そして、この手紙を読んでもらう時には、BiSの解散までもう残りわずか。リハーサル最終日あとかな?

BiSの解散後、テンちゃんはどんな道に進むのかわからないけれど、またご一緒できる時が来たらとても嬉しいし、そうならなかったとしても、1ファンとしてずっとテンちゃんを応援しています。

横浜アリーナライブ、本当に楽しみです。

一生懸命頑張るので、ライブ終わったらサインください。

KMミュージック 高橋