読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Record Store Day 2017 注目タイトルいくつか

いよいよ今週末(4/22)に迫ったRecord Store Day 2017(以下RSD)、海外での限定リリースものも含め色々とチェックしているところではありますが、国内リリースものでいくつかオススメのものをピックアップしておきます。良かったら、散歩がてらお近くのレコ屋さんに立ち寄ってもらえればいいんじゃないかと。

毎年色々と言われているイベントのような気もしていますが、Record Store Day Japan事務局のサイトを見る限りでは、大手チェーン以外の地方の参加店舗も増えているように感じますし、RSDに限らずアナログリリースをするアーティストが増えたこともあるのかもしれませんが、過去にはちょっと目立っていたアイドルなども含めたメジャーアーティスト(言ってしまえば固定の大きなファン層を抱えているアーティスト)の単なるアナログリイシュー的なリリースよりも、個性的な作品のリリースが目立つ濃い作品ラインナップになっているかなと個人的には感じます。
# そういう作品がダメだとは思ってないですよ!!

いわゆる「アナログブーム」「レコードブーム」なんてものはまだまだお化けだと思ってますし、そういう中である種健全というか、文化的な定着への過渡期にあるのが今年のRSDなんじゃないかなという印象を持っているので、私もゆるりと楽しめればなと思ってます。

では。

 

禁断の多数決
ビューティフル・ドリーマー / ユーロビートを追いかけて』

f:id:deathtofalse:20170418093329j:plain

先日の4年ぶりとなるワンマンライヴでも披露された2曲(YouTubeでは公開済み)を収録した禁断の多数決の7inchがRSD限定でリリース。ボブリシャスの危うげなボーカルが揺れるヴェイパーウェイヴ・チューン「ビューティフル・ドリーマー」と、小気味良いほげちゃんのヴォーカルをフィーチャーしたダンスナンバー「ユーロビートを追いかけて」の2曲。

上記のライヴでも、ほうのきさんは今年中(2017年中?)にアルバムを出す宣言していましたが、まずはこの音源をフィジカルでゲットでしょう。大好き。

  • Label : JET SET
  • Format : 7inch

 

Mary & The Flying Bowties
『It's Only A Paper Moon / Birth Of The Boogie』

f:id:deathtofalse:20170418093418j:plain

LEARNERSのフロントウーマンでもある沙羅マリー率いるスウィング・ジャズバンドMary & The Flying Bowtiesの初音源となる7インチが今年のRSDの目玉かなと。Nat King ColeElla Fitzgeraldで知られるスタンダード「It's Only A Paper Moon」のカバーとBill Haleyの「Birth Of The Boogie」のカバーの2曲で、このバンドのジャジーな部分とロカビリーテイストな部分の両方が楽しめる入門盤なんじゃないかと思います。

同じくLEARNERSの凄腕ギタリスト CHIE率いるCHIE AND THE WOLF BAITSも、『Two Timin' Man / Mean Mean Man』と​『Thunderbird / Precious Lie』という2枚の7インチをRSD限定リリースするので合わせてチェックがいい感じです。

  • Label : Niw! Records
  • Format : 7inch

 

おとぼけビ〜バ〜
『ラブ・イズ・ショート』

f:id:deathtofalse:20170418093726j:plain

昨年UKデビューを果たし、今年のSXSWでもUSのNPR Musicが選ぶ注目アーティスト100組の中に日本人アーティストとして唯一選ばれるなど、こと海外での大躍進のニューズが次々飛び込んでくるおとぼけビ〜バ〜。既にRough Tradeでは店頭に並んでいるというこの7inchが日本のRSDでも登場です。

日本人的な感覚でアレですけど、本場Rough Tradeに並んでる日本のかっこいいバンドの7inchとか、どう考えてもマストバイでしょ。買う、買わないはさておいて、チェックだけは絶対で。

  • Label : Damnably
  • Format : 7inch

 

てら×バレーボウイズ
『大人になれやしねえ』

f:id:deathtofalse:20170418093747j:plain

くるりの岸田さんもTwitterで言及するなど急速に知名度を拡大している感のある京都のバンド バレーボウイズとフォークシンガー 寺内将明(てら)のスプリット作。RSDのアイテムとしてリリースされるけど、フォーマットはカセットテープ。リリース元は岐阜のTanukineiri Records。

タイトルの『大人になれやしねえ』を歌詞に含む「卒業」含め、歌謡曲のテイストもありつつ情熱的な歌を聴かせるバレーボウイズと、個人的には浮世離れした表現がとてもクセになる寺内将明の組み合わせは不思議としっくりくる。現行の関西インディーシーンの面白さの一端を知るにもいい作品かと。

  • Label : Tanukineiri Records
  • Format : Casette Tape

 

テンテンコ
『Wa・ショイ!Good bye,Good girl.』

f:id:deathtofalse:20170418093813j:plain

これに関しては、もうジャケットがズルくないですか?

堀ちえみさんのカバー「Wa・ショイ!」と、ソロ転向後の初音源となった「Good bye,Good girl.」をカップリングした7inch。ダブルAサイド仕様なんですけど、上記のジャケットについては元ネタ(これ)を忠実にカバーする力の入れようで、そこはRSDのようなお祭りごとにはふさわしい感じがします。いや、マジでこれジャケットに力入れすぎだと思うんですけど、元曲も現在のテンテンコさんがカバーするにふさわしい珍名曲なので必聴かと。こういう作品こそ7inchで持っていたいものだよなぁ、と個人的には思ってます。

  • Label : なりすレコード
  • Format : 7inch

 

その他のリリース一覧はこちら。