Wacken Open Air 2017 思い出のアクトとかの話

f:id:deathtofalse:20170824060927j:plain

日本に戻ってきてすっかり社会生活に戻ってしまっていましたが、今月の頭に念願だった Wacken Open Air 2017 にはるばる行って参りました。初めての海外フェス体験はこのメタルの聖地に捧げようと意気込んで行ってきたわけですが、まぁまぁいろんなトラブルもありつつ(これは改めて書くけど)、実に最高の経験だったと思います。

日記、あるいはライブレポートの類ではありませんが、ちょっとしたメモ書き程度に印象的なパフォーマンスだったバンドをいくつかピックアップして書き残しておこうかなと。 

全体的にどんなバンド見たかとかは、最後につらつらと羅列しておきました。自分用のメモ書き程度のテキストですが、まぁ興味のある人はお付き合いいただければと。

ではー。

 

Saltatio Mortis

このバンドをこのフェスで見るの本当に楽しみにしてたんですが、いやーもう圧倒的に優勝!!って感じでしたね。

Saltatio Mortis は地元ドイツのメディエヴァルメタルバンド。バグパイプやハーディ・ガーディも交えた編成でのサウンドでの盛り上げ方は圧巻で、さすがメインステージでプレイするだけあるなーという感じ。ヴォーカルの奴はその個性的な髪型&鍛えすぎの肉体で、ドラゴンボールの実写映画なら絶対に主役級に推したくなるような強烈なキャラクターで、うつ向けになってサーフして流されながらずっと歌ってたのとか含めてベストフロントマンだったなと。

とにかく、こういうバンドがメインステージでお客さんを集めて盛り上げてるってのが強烈に Wacken を感じられて最高でした。

 

Twilight Force

来月にも初来日する Twilight Force 、半ばネタキャラ見たさで見に行ったんですが、完全にメタル・ウォリアーの心の痒いところに手が届いてる感じの最強アクトだったですわ、マジ。

まずメンバーのキャラクターの徹底した作り込みに感心するし、なにより演奏が上手い。このジャンルにありがちなアレなバンドとは全然違う。盛り上げ方だって上手いし、あまりの盛り上がりのせいで曲間に”Twilight Force!! Twilight Force!!”のコールが鳴り止まず、ヴォーカルが「...ちょ、ちょっと喋らせてくれないか...」ってお願いするレベル。

Rhapsody がファンタジーの実写映画版だとすると、Twilight Force はアニメ版って感じの可愛さもある。特にギターの Aerendir はマジ可愛い。

断言しておくけど、来月の来日公演ではあの Sabaton 初来日並みのムーヴメント絶対来ると思います!!

 

Russkaja

バンド名しかよく知らなかったんですけど、初見のライヴでも完全に好きになっちゃいますね、このバンド。

Russkajaオーストリアのフォークメタルバンド。と言っても、いわゆるジプシー、ロマ系のバンドといったほうがいいのかも。 ステージ上の(演奏以外の)パフォーマンスもあまりに揃いすぎてて笑えるし、フジロックに来て爆発的な人気を獲得していく Räfven とか Fanfare Ciocărlia 的なポジションというか、まさに酒呑みのための音楽という感じ。

新作からも何曲かやりつつ、Avicii のカヴァーで大きなサークルピット作るのとか完全に楽しかったです!!

 

Katatonia

今回のラインナップの中でも、個人的には特別見たかったバンドの一つ。

最終日の薄暮の時間帯(と言っても Wacken は日が長いので21時くらい)に聴く彼らの陰鬱なサウンドは芸術的な狂気に満ちていて、方や隣のメインステージで Amon Amarth が男汁たぎるステージを繰り広げている脇で淡々と、しかし優雅に繰り出される新旧の名曲の数々を前に、ただただビールを胃袋に流し込みながら泣いていた日本人が私です。

Paradise Lost 見てても思ったけど、この Katatonia みたいな来日は望みづらいバンドが、普通に準メインステージで75分演奏時間を与えられているってことが、この Wacken Open Air というメタルフェスの実に素晴らしいところ。

 

Batushka

裏ベストアクト的な感じで彼らを。

いやぁ、フルでは見られなかったんですけど、彼らが演奏しているテントに入った瞬間の「あ、ヤバい宗教の儀式に間違えて足踏み入れちゃった」感は異常。

Batushkaポーランドブラックメタルバンドですけど、いわゆる”暴虐的”な世界観とは一線を画した”呪術的”な世界観は、目の当たりにすると完全に飲み込まれる感覚があって、演奏がどうとかそんなん抜きにして、体験としてのエグさがありましたね。また観たいです。

 

その他雑感

初日はまずこのフェスのシンボルである Skyline のステージから。Iron Maiden やら Whitesnake のカヴァーで盛り上げつつ、最後には Doro 姐さんを呼び込んでの"Wacken Hymne (We Are the Metalheads)"という初心者にはわかりやすい"Wacken感"でスタート。その後、Manowar 曲のみ繰り出してくる Ross the Boss でひと盛り上がりした後に Europe 。これは完全にスロットが悪い。地味。そしてステージを移して Aborted の強烈なライヴを覗いた後にメインステージの Accept へ。最新アルバムからの曲を含んで4-5曲やった後にチェコ国立交響楽団を従えてのクラシックセットへ。オーケストラを従えてギターを弾く Wolf Hoffmann は非常に神々しい。そのオーケストラを従えたまま突入した名曲連発の後半戦には心が震える。その後は、Batushka の儀式に立ち会いつつメインステージの Volbeat へ。好き嫌い別れるバンドだとは思うけど、メインステージを堂々と張ってるのは素晴らしいし、実際めちゃくちゃ人気がある。日本では渋谷クアトロでやってたのとかマジで信じがたい。疲れていたので、ちょっとだけ Nile のステージ覗いて初日終了。

2日目はメインステージで MemoriamSanctuary をまず見る。Warrel Dane って人はやっぱりカリスマ性高いなと再認識。で、ちょっと空いて Saltatio Mortis 。このステージの素晴らしさは上で述べた通り。実に楽しいし素晴らしい。その後、念願の Paradise Lost の濃厚なパフォーマンスと、ApocalypticaMetallica オンリーセットを堪能しつつ締めに Emperor へ。この日はセットリストが良すぎた。来日公演も出来れば行きたい。最後に Wolfbrigade を見たかったが力尽きて撤退。これが3日間で最大の無念。

最終日は Possessed のステージからスタート。車椅子でも Jeff Becerra のステージングは格別。朝っぱらからビール煽りすぎました。そこから、Twilight ForceRusskaja と更にビールの進むステージを楽しんで、お待ちかねの Heaven Shall Burn へ。音楽ジャンルに貴賎は無いと思ってるけど、このメタルコアバンドが Wacken のメインステージを張っているのは本当に嬉しい。大掛かりなセットの持ち込みにも気合を感じたし、ビールの売り子がサーフされながらビール撒き散らしてたのとかも最高。あと個人的には、広島の佐々木禎子さんの物語に着想を得ているという"Passage of the Crane"を、1日違いではあるものの、この8月5日という日付のステージで演奏してくれたことはおそらくずっと忘れない。ステージを移して Orange Goblin へ。新作からの曲も披露していたが、彼ららしいストーナーなロックンロールで素晴らしかった。そこから、Insomnium を見て、メインステージの Alice Cooper へ。このステージ終わりに Lemmy(Motörhead) の新しいMV用のシューティングがあって、隣のステージの Katatonia へ。彼らの陰鬱なパフォーマンスに心打たれつつメインステージの Avantasia へ。やはり Tobias Sammet という男の試合巧者ぶりが光る。英語のMCで観客を煽りつつドイツ語MCで笑いを取り、隣のステージで Kreator を待ってる客をイジり倒す。この日のゲストボーカルは Jørn Lande 、Bob Catley(Magnum) 、Geoff Tate(ex-Queensrÿche)  に Eric Martin(Mr. Big) 。120分のステージでも飽きさせないあたりは流石という感じ。そして、Kreator のステージが始まる頃に雨が降り出し、最後まで見る体力は無いと判断し、3曲ほど見て撤退。最後の Subway to Sally も見たかったが、こればっかりはしょうがない。

終わり。

2017/7/20 大森靖子 @ Zepp DiverCity TOKYO セットリスト

大森靖子 2017 LIVE TOUR “kitixxxgaia”

SE : O Fortuna from Carmina Burana(Carl Orff)
01. ドグマ・マグマ
02. 非国民的ヒーロー
03. イミテーションガール
04. きゅるきゅる
05. 地球最後のふたり
06. ピンクメトセラ feat. 私。
07. LADY BABY BLUE
08. マジックミラー
09. 夢幻クライマックス(かもめ教室編) feat. アップアップガールズ(仮)
10. M
11. オリオン座
12. 君に届くな
13. 最終公演
14. あまい
15. TOKYO BLACK HOLE
16. 音楽を捨てよ、そして音楽へ
17. アナログシンコペーション

en1. draw (A) drow
en2. ミッドナイト清純異性交遊
en3. IDOL SONG
en4. 絶対彼女

【バンド編成】
Gt. 畠山健嗣、Gt. あーちゃん、Ba. えらめぐみ、Key. sugarbeans、Hyper. サクライケンタ、Dr. ピエール中野

f:id:deathtofalse:20170722041507j:plain

2017/7/14 LOSTAGE @ 新代田FEVER セットリスト

LOSTAGE In Dreams TOUR

01. さよならおもいでよ
02. ガス
03. 窓
04. ポケットの中で
05. REM
06. 泡沫の
07. 戦争
08. I told.
09. 僕のものになれ
10. Shoeshine Man

11. RED
12. 人間ロボット
13. 楽園
14. 母乳
15. NAGISA
16. Flowers / 路傍の花
17. SURRENDER
18. BLUE
19. Butterfly
20. ひとり
21. 夜に月
22. Good Luck / 美しき敗北者達

en1. 海の果実
en2. 手紙

wen1. 2:50

f:id:deathtofalse:20170720111636j:plain

2017/7/8 Spangle call Lilli line @ 渋谷WWW X セットリスト

SCLL LIVE "with the silence"

01. E
02. Lilli disco
03. echoes of S
04. quiet warp
05. azure
06. dreamer
07. ttyy
08. 江南宵唄(Negicco
09. anthology of time
10. "telephone"
11. eye
12. nano

en1. B.P.

f:id:deathtofalse:20170709030800j:plain

ATATAと愉快な来日バンドたち

※ 自分向け備忘録として下書きに放置していたものを加筆修正してアップします。

今週末(というかもう今日から)Lifted Bells と Annabel の来日ツアーが始まります。

で、7/9 の新代田FEVER公演で我らが ATATA が彼らと共演するのですが、そういえばATATA って結構来日バンドのゲストをやってるよねってことで、これまでの来日バンドたちとの共演の歴史の一部をちょっとまとめてみました。なにかの暇つぶしにでもなれば。

 

The Dismemberment Plan

ATATA 初ライブからわずか3ヶ月、実はこんな著名バンドのゲストをやっていたりするんですね(しかも、もう1つのゲストバンドは the band apart !!)。

The Dismemberment Plan と言えば、93年にワシントンD.C.で結成されたUSインディーロックの至宝。03年の解散後はベースの Eric Axelson が Maritime をやっていたりしましたが、10年に再結成し11年に再来日。当日は過去4枚のアルバムからのベストセレクトのようなセットリストで、本当にビールが進んだのが懐かしいです。このツアーの2/9公演はライブアルバムとしてリリースされているので要チェック。

 

Penfold

  • 2012/7/7 (Sat) @ 吉祥寺Planet K  w/ Staple

すでに解散していたこのバンドを再結成&来日に導いた奇跡の個人招聘ツアー最終日に ATATA が共演。

Penfold と言えば、Mineral(後述)や Christie Front Drive らと共に初期のemoシーンを築き上げた伝説的バンドで、emoってどういう音楽?って聞いてくる人には、たいがい彼らの1stアルバム『Amateurs and Professional』を薦めるのが僕です。

当日の映像ではないけど、ツアー初日の新宿ナインスパイス公演の映像を。3:15過ぎからの展開は何万回見ても飽きない。

 

Screaming Maldini

キーボードの人(@IWASHIxDAKUMI)が出たい!出たい!と騒いでいたら本当に共演することになった Screaming Maldini 最初で最後の来日公演。

この並びだと少し違う文脈のバンドではあるものの、Screaming Maldini はUKシェフィールドの6人組バンド。煌びやかなメロディーに男女ボーカルの掛け合い、変拍子や様々な楽器の音を詰め込んだまさにおもちゃ箱ひっくり返し系のストレンジポップス。

本当に奇天烈な魅力溢れるバンドだったので、解散は残念。

 

Mineral

  • 2015/2/18 (Wed)  @ 京都 GROWLY  w/ LOW-PASS

奇跡の再結成を果たし、バンド結成から20年以上を経て初来日したこのバンドとも京都で共演。正直羨ましい。

Mineral は、その短い活動期間ながらemoという音楽ジャンルの基礎を築いた絶対的存在。現在に至るシーンの流れとか音楽的な部分も含めて、最重要バンドと断言していいかと思います。emo好きでこのバンド聴いてないやつなんて全員モグリ。はぁ、またライブみたいですねぇ...

 

Braid

  • 2015/7/4 (Sat) @ 心斎橋CONPASS  w/ OSRUM

Mineralと同じく、90年代のemo黎明期に活躍したこのバンドの来日公演の大阪公演で共演。

Braid と言えば、何と言ってもこの度来日する Lifted Bells のボーカルでもある Bob Nanna も所属していた伝説的バンド。99年の解散後、一時的な再結成はあったものの、11年に再結成して新作もリリースした上での来日公演でした。自分は東京公演を見たんですが、強烈なバンドアンサンブルが印象的な来日公演だったと思います。

 

The Velvet Teen

  • 2015/11/1 (Sun) @ 仙台CLUB SHAFT  w/  curve, Qurage+tetsu.suzuki (oaqk), -W- (Waikiki Champions)

盟友 curve とともに、The Velvet Teen 来日公演の仙台公演で共演。

The Velvet Teen は、03年の初来日以来何度も日本に来ているおなじみのバンドではあるものの、その歴史においては編成の変更やメンバーの加入・脱退を経ていて、それでもなお屈強なバンドアンサンブルを作品ごとに新鮮な音楽を繰り出してくる最強のオルタナティブ・トリオ。最新作『All Is Illusory』を携えてのこのツアーも、やはり桁違いに素晴らしいパフォーマンスでしたね。

 

Into It, Over It

  • 2016/12/16 (Fri) @ 吉祥寺 WARP  w/ The Firewood Project

malegoat ハジメさんの”the lost boys”招聘公演の深夜イベントで共演。

Into It, Over It は、御大 Mike Kinsella らとやっている Their / They're / There とか、最近新作をリリースした Pet Symmetry での活動でも知られる Evan Weiss のソロプロジェクト。この時はバンド編成での来日ということもあり、迫力あるラウドなサウンドで会場をシンガロングの渦に巻き込んだ驚愕のライブでした。

 

Lifted Bells / Annabel

 

  • 2017/7/9 @ 新代田FEVER  w/ fam, malegoat

で、Lifted Bells と Annabel と今週末共演する ATATA。

Lifted Bells は、上記の Their / They're / There の Matthew Frank や Bob Nanna らで構成されたemoシーンの歴史をぐるっと横断するようなメンバーで結成されたバンドで、一方のAnnabelは、現行のemoリヴァイバルシーンの中でも傑作アルバムを連発している知る人ぞ知る実力派。ともに今回が初来日で、僕含め待ち望んでいた人も多いんじゃないかなーと思います。会場で会いましょう。

 

チケットその他公演詳細はこちらから。

f:id:deathtofalse:20170707140827p:plain