読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fujirock '15 個人的おすすめアクト紹介(Day 3)

もうフジロック本番へ1週間を切ってきたところで、最終日の個人的おすすめアクト紹介をば。なんかいよいよですね! 

 


●Manic Sheep:7/26 10:50〜 @ Red Marquee

最終日の朝イチは昨年のRookie A Go-Goの勝者、台湾のManic Sheepを是非!ボーカルのChrisの存在感も勿論のこと、来日時に共演したDYGLやWallflowerと台湾で共演するなど、東アジアのインディーシーンの中心となるべきバンドだと思ってます!

 

●TXARANGO:7/26 11:10〜 @ White Stage

そのManic Sheepと若干時間が重なってはいますが、White Stageのトップバッターとしてスペインの強者 TXARANGOが出演します。

もう上の動画見てくださいとしか言いようがないんですが、あらゆるラテンミュージックの要素がDNAレベルで叩き込まれてる感じのパフォーマンスが本当に圧倒的だと思います。

 

●never young beach:7/26 21:30〜 @ 苗場食堂

never young beachが最終日の苗場食堂に登場。彼らの音楽には海辺を感じるような開放感と、一方で四畳半感とでも言うべき近接した人間関係の感じがあって、そして自由さが充満していて大好きです。しっかりアルコール呑みながら見たいと思ってます!

 

●大比良瑞希:7/26 13:00〜 @ Gypsy Avalon

ヘウレーカ(HEUREKA)というバンド名にピンとくる人はもしかしたら少ないのかもしれないけど、そのボーカルであった(ある?)大比良瑞希さんがソロでフジロックに登場します。グループの時よりも、歌の表現の豊かさは今の方がぐっと増してると思うので、お昼のGypsy Avalonは晴れたらすごく良い空間になる、と思います。いや、確信してます。

 

●RIDE:7/26 19:20〜 @ Green Stage

最終日のGreen Stage、大トリのノエル兄貴の前に登場するのが、UK・オックスフォードからやってきたRIDE!2001年以来、14年振りの来日は驚きというか、まさかこのバンドのライブを生で、しかも日本で見られるとは正直思ってなかったですね、はい。

シューゲイザーの括りとしてみる向きもありますけど、"ギターの音が主張強め"のポップなギターロックバンドだと個人的には思ってるので、聴いたことなくても気張らずに楽しめるんじゃないかなぁ、と思います。

 

では。