Most Impressed Discs of 2017

今年もまた年間ベストディスクを選ぶ時期がやってきて、これ存外に面倒で時間のかかる作業ながら、たまにはこうやって自分の聴いてきた音楽を整理するという時間は貴重なもので、なので、もはやこの一連の作業なんかは100%自分のためだけにやっています。

今年も50枚選びました。long list として100枚弱ほど選んだ中から、1週間ほど考えてパズルのように並び替えたものが下記の short list です。

基本的に毎年、自分の好きなもの、自分にとって価値のあるものを並べているわけですが、今年は敢えてフィジカル(LP、CD、カセット)を購入したもののみのリストとしました。理由としては、別にフィジカル至上主義ということでは全くなく、Spotify 含めたストリーミングサービスが普及した現在において、”アルバム”の存在意義について自分なりに考えた結果です。詳しいことをここで書くとまどろっこしいので省きます。

それゆえに、ストリーミングのみ、あるいは配信のみのリリースの作品についてはリスティングの時点でにプライオリティーを下げたため、結構漏れちゃったものも多かったですが、まぁそれでもいいかなと。

各作品へのコメントは随時追記していく予定です、と言いながら昨年は早々に投げ捨てたので、今年はもう少し粘り強く取り組む所存。

あと、ちょっとした試みですが、各作品の下に Spotify のフォローボタン設置してみました。興味のあるものがあればとりあえずフォローしておいて、改めて Spotify で聴くなり、作品をフィジカルで購入するなりしてもらえばいいかなと思ったので、直接聴ける Spotify のプレイヤーや YouTube の埋め込みは極力避けました。

最後に補足ですが、順位は上位の10枚ぐらいがややガチで、あとはめちゃくちゃ適当です。では。 

 50:『Brokenlegged』Sinai Vessel

f:id:deathtofalse:20171205155536j:plain

for fans of : You Blew It!, Into It. Over It., Pinegrove

 

49:『Heartlsess』Pallbearer

f:id:deathtofalse:20170620164406j:plain

スラッジメタルシーンの雄 Pallbearer 3年ぶりのフルアルバム。前作であり歴史的傑作(と個人的には評価している)『Foundations of Burden』と比較してもドゥームメタル的な陰鬱さは大いに減退しつつ、よりトラディショナルなヘヴィメタル的美学に根ざしたコンパクトな曲展開や長尺のリードギターの導入など、メロディーやハーモニーに重きを置いた大胆な方向転換を見せている。前作からの変化に対して賛否半ばするところだとしても、優れたヘヴィメタル作品であることは間違いない。

for fans of : Khemmis, High on Fire, Baroness

 

48:『Losing』Bully

f:id:deathtofalse:20171207040102j:plain

for fans of : Cloud Nothings, The Courtneys, White Lung

 

47:『You're Not As _____ As You Think』Sorority Noise

f:id:deathtofalse:20171207040118j:plain

for fans of : Modern Baseball, Turnover, The World Is a Beautiful Place & I Am No Longer Afraid to Die

 

46:『Place I'll Always Go』Palehound

f:id:deathtofalse:20171207040135j:plain

for fans of : The Big Moon, Angel Olsen, Frankie Cosmos

 

45:『PINK』CHAI

f:id:deathtofalse:20171207042307j:plain

 

44:『Capacity』Big Thief

f:id:deathtofalse:20171207042332j:plain

 

43:『Elektrac』Shobaleader One

f:id:deathtofalse:20171207040152j:plain

 

42:『スズキ』SEVENTEEN AGAiN

f:id:deathtofalse:20171207042816j:plain

 

41:『Molten Young Lovers』Airiel

f:id:deathtofalse:20171207114855j:plain

 

40:『Sound of the Air』Caucus

f:id:deathtofalse:20171207115256j:plain

 

39:『Antiphon』Alfa Mist

f:id:deathtofalse:20171207043031j:plain

for fans of : Taylor McFerrin, Mammal Hands, Tigran Hamasyan

 

38:『Hang』Foxygen

f:id:deathtofalse:20170620133509j:plain

 

37:『Emperor of Sand』Mastodon

f:id:deathtofalse:20170620165454j:plain

 

36:『Woodstock』Portugal. The Man

f:id:deathtofalse:20171207115658j:plain

 

35:『Everybody Works』Jay Som

f:id:deathtofalse:20170620164620j:plain

 

34:『Confusion』Nepenthes

f:id:deathtofalse:20171207045518j:plain

 

33:『image』Maison book girl

f:id:deathtofalse:20171207045533j:plain

 

32:『When I'm drifting in the morning』HeatMiser

f:id:deathtofalse:20171205155859j:plain

for fans of : Elliot Smith, Julien Baker, Mazzy Star

 

31:『Science Fiction』Brand New

f:id:deathtofalse:20171207115720j:plain

 

30:『deep slumber』I have a hurt

f:id:deathtofalse:20171207120004j:plain

I have a hurt 待望の1stフル。エモ、オルタナ、激情ハードコア、そういった音楽の形式の中に収まることができなかった感情がこの11曲には詰まっている。オープニングのポエトリーリーディング「消えないかこ」から、言葉を持たない「体温」に至るまで、擦り切れていく青春とその痛みから耳を逸らすことなんてできるはずもない。ライブ活動を開始してからメンバーチェンジなども経てきた7年間の焦燥を思いっきり喰らってくれ。

for fans of : zArAme, bronbaba, akutagawa

 

29:『Swear I'm Good At This』Diet Cig

f:id:deathtofalse:20170620133034j:plain

 

28:『Beast Epic』Iron & Wine

f:id:deathtofalse:20171207121640j:plain

 

27:『In Dreams』LOSTAGE

f:id:deathtofalse:20171207121237j:plain

 

26:『Crack-Up』Fleet Foxes

f:id:deathtofalse:20171207121011j:plain

 

25:『liquid rainbow』SuiseiNoboAz

f:id:deathtofalse:20171207043325j:plain

 

24:『Rocket』(Sandy) Alex G

f:id:deathtofalse:20170620133431j:plain

 

23:『Dear Avalanche』Lights & Motion

f:id:deathtofalse:20170620163617j:plain

 

22:『Feel Your Feelings Fool』The Regrettes

f:id:deathtofalse:20171207115631j:plain

 

21:『Medusa』Paradise Lost

f:id:deathtofalse:20171207120913j:plain

 

20:『In Spades』The Afghan Whigs

f:id:deathtofalse:20171207120711j:plain

 

19:『To the Bone』Steven Wilson

f:id:deathtofalse:20171207120448j:plain

 

18:『Strange Peace』Metz

f:id:deathtofalse:20171207045048j:plain

 

17:『Lingering』Sleep Party People

f:id:deathtofalse:20170620132650j:plain

 

16:『Out in the Storm』Waxahatchee

f:id:deathtofalse:20171207045107j:plain

 

15:『チャンネル3』Climb the Mind

f:id:deathtofalse:20171207045122j:plain

 

14:『Painted Ruins』Grizzly Bear

f:id:deathtofalse:20171207120319j:plain

 

13:『Turn Out the Lights』Julien Baker

f:id:deathtofalse:20171205160155j:plain

 

12:『Antisocialites』Alvvays

f:id:deathtofalse:20171207120214j:plain

 

11:『Slime and Punishment』Municipal Waste

f:id:deathtofalse:20171205160214j:plain

ギター2本体制になって初となる5年ぶりのアルバム。自らを<Speed Metal Punk>と標榜する彼らの小気味良いショートチューンの快感ハンパない全14曲、すべて3分以内の完璧なアルバム。Slayer をはじめ、WarbringerSacred ReichD.R.I. なんかを手がけたBill Metoyer のエンジニアリングがドンズバでハマってると思います。大好き!!

 

10:『Mareridt』Myrkur

f:id:deathtofalse:20171205034508j:plain

 

09:『Need to Feel Your Love』Sheer Mag

f:id:deathtofalse:20171205034525j:plain

 

08:『Voids』Minus the Bear

f:id:deathtofalse:20170618102411j:plain

Minus the Bear 5年ぶりの最新アルバム。各メンバーのズバ抜けた演奏技術をベースにしながらも、今作はとにかく楽曲の充実が凄まじい。冒頭の"Last Kiss"、"Give & Take"をはじめ、普遍的で強力なメロディーを分厚いバンドサウンドで支えている感じがとてつもなくエモい。一生愛聴すると思います。

for fans of : Pinback, TTNG, The Dismemberment Plan

 

07:『Lotta Sea Lice』Courtney Barnett and Kurt Vile

f:id:deathtofalse:20171205034410j:plain

 

06:『MADE IN ABYSS Original Soundtrack』Kevin Penkin

f:id:deathtofalse:20171207125614j:plain

 

05:『The Dusk in Us』Converge

f:id:deathtofalse:20171207125632j:plain

 

04:『Guppy』Charly Bliss

f:id:deathtofalse:20170618102319j:plain

NYの4ピースパワーポップバンドの1stフル。Veruca Salt を思わせるような気怠さを感じさせるバンドサウンドと Eva Hendricks のアニメ声系統のヴォーカルのマッチングが完璧。全曲いいなと思うんですが、特に"Glitter"は今年聴いた曲の中で最もヘビロテした曲だったかなと。いま一番ライブを観たいバンドですね。

 

03:『Aromanticism』Moses Sumney

f:id:deathtofalse:20171205031107j:plain

 

02:『Dye Xanh』The Sky Mata

f:id:deathtofalse:20171205030123j:plain

北海道 札幌の宅録ミュージシャン Matthew Haya のソロユニット、The Sky Mata の3rdアルバム。ボサノヴァだったり、一方で妖しいオリエンタルなテイストなども多分に含んだこのローファイなポップスは、今年最も好んで繰り返し聴いたものの一つです。ベッドルームの気怠さと世界がリンクしていくニュアンスなんかは、Boys Ageと大いに通じる部分はあるんじゃないかなと思いますし、コンパクトな曲の中に宇宙が見えるような感じがして、そういうところに本当にワクワクした1枚。Bandcampで聴いたり、カセットテープ買えばいいと思うよ。

for fans of : Boys Age, Mac DeMarco, Smokebees

 

01:『Stranger in the Alps』Phoebe Bridgers

f:id:deathtofalse:20171205030036j:plain

 

総括

書くことがまとまったら、そのうち書きます。

 


【Most Impressed Discs of 2017 リスト】
01位:『Stranger in the Alps』Phoebe Bridgers
02位:『Dye Xanh』The Sky Mata
03位:『Aromanticism』Moses Sumney
04位:『Guppy』Charly Bliss
05位:『The Dusk in Us』Converge
06位:『MADE IN ABYSS Original Soundtrack』Kevin Penkin
07位:『Lotta Sea Lice』Courtney Barnett and Kurt Vile
08位:『Voids』Minus the Bear
09位:『Need to Feel Your Love』Sheer Mag
10位:『Mareridt』Myrkur
11位:『Slime and Punishment』Municipal Waste
12位:『Antisocialites』Alvvays
13位:『Turn Out the Lights』Julien Baker
14位:『Painted Ruins』Grizzly Bear
15位:『チャンネル3』Climb the Mind
16位:『Out in the Storm』Waxahatchee
17位:『Lingering』Sleep Party People
18位:『Strange Peace』Metz
19位:『To the Bone』Steven Wilson
20位:『In Spades』The Afghan Whigs
21位:『Medusa』Paradise Lost
22位:『Feel Your Feelings Fool』The Regrettes
23位:『Dear Avalanche』Lights & Motion
24位:『Rocket』(Sandy) Alex G
25位:『liquid rainbow』SuiseiNoboAz
26位:『Crack-Up』Fleet Foxes
27位:『In Dreams』LOSTAGE
28位:『Beast Epic』Iron & Wine
29位:『Swear I'm Good At This』Diet Cig
30位:『deep slumber』I have a hurt
31位:『Science Fiction』Brand New
32位:『When I'm drifting in the morning』HeatMiser
33位:『image』Maison book girl
34位:『Confusion』Nepenthes
35位:『Everybody Works』Jay Som
36位:『Woodstock』Portugal. The Man
37位:『Emperor of Sand』Mastodon
38位:『Hang』Foxygen
39位:『Antiphon』Alfa Mist
40位:『Sound of the Air』Caucus
41位:『Molten Young Lovers』Airiel
42位:『スズキ』SEVENTEEN AGAiN
43位:『Elektrac』Shobaleader One
44位:『Capacity』Big Thief
45位:『PINK』CHAI
46位:『Place I'll Always Go』Palehound
47位:『You're Not As _____ As You Think』Sorority Noise
48位:『Losing』Bully
49位:『Heartlsess』Pallbearer
50位:『Brokenlegged』Sinai Vessel